品川区小学生バレーボール連盟の基本方針

  1. 目的

    品川区等の小学生にバレーボールを通じて、

    • 心身ともに健康な児童を育成する。
    • 集団で協力することの大切さを理解する。
    • 試合等を通じてバレーボールの楽しさを味わう。
    • ルールや、マナーを知りスポーツマンシップが発揮できる児童に育てる。
    • 必要な技術や戦術を理解し生涯スポーツとして実践できる人材を育成する。

    指導者は、体罰によって児童に対して過度な負担を強いることはしない。試合中においても、児童の心を傷付けるような指導や著しく品位に欠ける言動は厳に慎む。
    また、チーム内では、いじめやセクハラ、パワハラ等が起きないよう指導者は十分に注意を喚起する。

  2. 目標

    • 品川区小学生バレーボール連盟に加盟しているチームは、各学校の教育活動でも、ルールやマナーを守り、身に付けた心身の資質を十分発揮できる児童に育てる。
    • 各チームは試合進行に伴い正しい審判や記録などが出来る体制を作る。(必須)
    • (1)新人戦会(教育長杯)は、1月の「成人の日の祝日」、(2)春季大会(ライオンズ杯)は4月「昭和の日の祝日」に、(3)秋季大会(区民大会)は9月第二土曜日、(4)卒業生大会(区長杯)は3月「春分の日の祝日」年4回の公式試合の重要性を各チームは認識し、大会のグレードを高くし、各チームにとって目標となる大会とする。平成26年度からは、新人戦大会を「教育長杯」として位置付けてグレードアップを図る。
    • 各チームは、互いに協力し合い、学びあい切磋琢磨して、技術・マナーを身に付け(ベンチマナー等を含む)質の高いチーム力を向上させ、品川区小学生バレーボール連盟全体のレベルアップを図る。また、都大会、全国大会等に出場するチームの状況を理解し、区全体で支えられるような体制を整えていく。

  3. 平成26年度品川区小学生バレーボール連盟役員一覧(☆は四役会(幹事役員))
    顧問
    ☆浅木
    会長
    ☆豊島
    副会長
    ☆別城(総・指)
    ☆岩瀬(競・審)
    総務
    委員長: 大沢(戸越)
    副委員長: 熊岡(立会)
    競技
    委員長: 山崎(二延)
    副委員長: 中村(三木)
    審判
    委員長: 田畑(後地)
    副委員長: 岩瀬(大井)
    指導普及
    委員長: ☆神尾(延山)- 区広報・CTV
    副委員長: 大竹(立会)- 東京FCバレー教室
    会計
    ☆白川(上神)
    橋本(ASAMADAI)
    ☆事務局
    中村(三木)
    田畑(後地)- 区商連
    間(鮫浜)- 区役所
    会計監査
    近藤(鮫浜)

    支部役員
    支部長: 別城
    支部競技副委員長: 中村
    支部審判副委員長: 田畑
    支部指導普及副委員長: 神尾
    支部会計: 白川

    • ケーブルテレビ杯は4大会の冠としてすべての大会の決勝戦を放映する。

    品川区小学生バレーボール連盟
    会長 豊島 呈次